物損事故

物損事故も八潮市駅・三郷市・足立区のひまわり中央整骨院でOK

日本の交通事故の定義上、人身・物損に大きく分けられますが一般的に多くの方が物損の場合は治療費の捻出が難しいと思われていることでしょう。実際多くの方の頭の中には物損になってしまうと自賠責が使えないと言う固定観念がありますので、物損の場合に附随した怪我の治療は自費で対応される方も珍しく無い訳です。しかし、実は物損事故でも自賠責が適用できるケースがあります。八潮市駅・三郷市・足立区のひまわり中央整骨院では、物損におけるご相談にも対応しているのです。 本来は物損事故でも人身事故に扱いを変更できるケースもありますが、すべての事故に対できると言う訳では当然ありません。それでも、物損扱いになった後に体に不具合が出て来ることが良くあります。この場合は、人身事故の証明書が取れなかったと言う理由づけをきちんと書類で提出することで自賠責による治療が受けられることもあるのです。八潮市駅・三郷市・足立区のひまわり中央整骨院では、このような流れでの治療も可能ですのでまずは物損事故後にすぐにご相談ください。 八潮市駅・三郷市・足立区のひまわり中央整骨院は、遠方からのお客様のために専用駐車場を備えていますので時間を気にせずにご来院になれます。